多種の薬剤、食品を使う意義④:新免疫療法について

多種の薬剤、食品を使う意義②:新免疫療法について
新免疫療法(NITC)のメカニズムINDEX
概要
第一章:免疫について
免疫とは
免疫を担当する細胞
活性化とは
活性化するメカニズム
抑制とは
細胞性免疫と液性免疫①
細胞性免疫と液性免疫②
細胞性免疫と液性免疫③
細胞性免疫と液性免疫④
細胞性免疫と液性免疫⑤
がんを攻撃する細胞①
がんを攻撃する細胞②
第二章:新免疫療法(NITC)について
健康な方の免疫の働き
がんになった方の免疫の状態
新免疫療法(NITC)の3本柱
がんを攻撃する細胞の活性化
多種の薬剤・食品を使う意義①
多種の薬剤・食品を使う意義②
多種の薬剤・食品を使う意義③
多種の薬剤・食品を使う意義④
サイトカインカスケード
新生血管抑制作用①

新生血管抑制作用②
新生血管抑制作用③
第三章:免疫の状態を把握するための特殊な検査について
免疫検査の意義①
免疫検査の意義②
免疫検査の意義③
VEGF検査の意義
前のスライドに戻る
繰り返す
次のスライドに進む
仕切り
多種の薬剤、食品を使う意義④:新免疫療法について

新免疫療法(NITC)は、多種の医薬品・健康食品を用います。新免疫療法(NITC)で用いるキノコ菌糸体、パン酵母等にはベータ(1・3)Dグルカンが含まれています。ベータ(1・3)Dグルカンの側鎖の部分は、『1番目』と『6番目』の『C:炭素』が結合した『ベータ(1・6)Dグルカン』と呼ばれます。この側鎖の構造の違いにより、効果がかわると考えられています。側鎖(1・6)の構造が異なる『ベータ(1・3)Dグルカン』を複数摂取することで、効率よくIL-12を産生し、がんを攻撃する細胞(エフェクター細胞:キラーT細胞、NK細胞、NKT細胞)の活性化を狙います。

新免疫療法(NITC)のメカニズムINDEX
概要
第一章:免疫について
免疫とは
免疫を担当する細胞
活性化とは
活性化するメカニズム
抑制とは
細胞性免疫と液性免疫①
細胞性免疫と液性免疫②
細胞性免疫と液性免疫③
細胞性免疫と液性免疫④
細胞性免疫と液性免疫⑤
がんを攻撃する細胞①
がんを攻撃する細胞②
第2章:新免疫療法(NITC)について
健康な方の免疫の働き
がんになった方の免疫の状態
新免疫療法(NITC)の3本柱
がんを攻撃する細胞の活性化
多種の薬剤・食品を使う意義①
多種の薬剤・食品を使う意義②
多種の薬剤・食品を使う意義③
多種の薬剤・食品を使う意義④
サイトカインカスケード
新生血管抑制作用①

新生血管抑制作用②
新生血管抑制作用③
第三章:免疫の状態を把握するための特殊な検査について
免疫検査の意義①
免疫検査の意義②
免疫検査の意義③
VEGF検査の意義
仕切り
新免疫療法によるがん治療の『TOP』に戻る
新免疫療法の『治療』に戻る
仕切り
Copyright(C) 2006-2017 Orient mitaka clinic All Rights Reserved.