血管新生抑制作用①:新免疫療法について

血管新生抑制作用①:新免疫療法について
新免疫療法(NITC)のメカニズムINDEX
概要
第一章:免疫について
免疫とは
免疫を担当する細胞
活性化とは
活性化するメカニズム
抑制とは
細胞性免疫と液性免疫①
細胞性免疫と液性免疫②
細胞性免疫と液性免疫③
細胞性免疫と液性免疫④
細胞性免疫と液性免疫⑤
がんを攻撃する細胞①
がんを攻撃する細胞②
第二章:新免疫療法(NITC)について
健康な方の免疫の働き
がんになった方の免疫の状態
新免疫療法(NITC)の3本柱
がんを攻撃する細胞の活性化
多種の薬剤・食品を使う意義①
多種の薬剤・食品を使う意義②
多種の薬剤・食品を使う意義③
多種の薬剤・食品を使う意義④
サイトカインカスケード
新生血管抑制作用①

新生血管抑制作用②
新生血管抑制作用③
第三章:免疫の状態を把握するための特殊な検査について
免疫検査の意義①
免疫検査の意義②
免疫検査の意義③
VEGF検査の意義
前のスライドに戻る
繰り返す
次のスライドに進む
仕切り
血管新生抑制作用①:新免疫療法について
新免疫療法(NITC)の3本柱のがんが作る新生血管の抑制作用について説明します。がんは増殖するにつれて、酸素や栄養分がより多く必要になるため、らせん構造の新しい血管(新生血管)を自らつくります。『がんが増殖する』⇒『血管を新生する』というサイクルを繰り返しながら、がんはどんどん増殖していきます。この悪循環を阻害し、補給路を断ってがんの増殖を抑えるために、新免疫療法ではIL-12、IFNγの誘導だけでなく、サメ軟骨加工食品を用います。
新免疫療法(NITC)のメカニズムINDEX
概要
第一章:免疫について
免疫とは
免疫を担当する細胞
活性化とは
活性化するメカニズム
抑制とは
細胞性免疫と液性免疫①
細胞性免疫と液性免疫②
細胞性免疫と液性免疫③
細胞性免疫と液性免疫④
細胞性免疫と液性免疫⑤
がんを攻撃する細胞①
がんを攻撃する細胞②
第2章:新免疫療法(NITC)について
健康な方の免疫の働き
がんになった方の免疫の状態
新免疫療法(NITC)の3本柱
がんを攻撃する細胞の活性化
多種の薬剤・食品を使う意義①
多種の薬剤・食品を使う意義②
多種の薬剤・食品を使う意義③
多種の薬剤・食品を使う意義④
サイトカインカスケード
新生血管抑制作用①

新生血管抑制作用②
新生血管抑制作用③
第三章:免疫の状態を把握するための特殊な検査について
免疫検査の意義①
免疫検査の意義②
免疫検査の意義③
VEGF検査の意義
仕切り
新免疫療法によるがん治療の『TOP』に戻る
新免疫療法の『治療』に戻る
仕切り
Copyright(C) 2006-2017 Orient mitaka clinic All Rights Reserved.