血管新生抑制作用③:新免疫療法について

血管新生抑制作用②:新免疫療法について
新免疫療法(NITC)のメカニズムINDEX
概要
第一章:免疫について
免疫とは
免疫を担当する細胞
活性化とは
活性化するメカニズム
抑制とは
細胞性免疫と液性免疫①
細胞性免疫と液性免疫②
細胞性免疫と液性免疫③
細胞性免疫と液性免疫④
細胞性免疫と液性免疫⑤
がんを攻撃する細胞①
がんを攻撃する細胞②
第二章:新免疫療法(NITC)について
健康な方の免疫の働き
がんになった方の免疫の状態
新免疫療法(NITC)の3本柱
がんを攻撃する細胞の活性化
多種の薬剤・食品を使う意義①
多種の薬剤・食品を使う意義②
多種の薬剤・食品を使う意義③
多種の薬剤・食品を使う意義④
サイトカインカスケード
新生血管抑制作用①

新生血管抑制作用②
新生血管抑制作用③
第三章:免疫の状態を把握するための特殊な検査について
免疫検査の意義①
免疫検査の意義②
免疫検査の意義③
VEGF検査の意義
前のスライドに戻る
繰り返す
次のスライドに進む
仕切り
血管新生抑制作用③:新免疫療法について
新免疫療法(NITC)の3本柱:がんが作る新生血管の抑制作用について。新免疫療法では、サメ軟骨加工食品を用いることで、がんが作る新生血管(1層構造)を選択的に阻害し、がんの増殖を抑えることを狙います。サメ軟骨は高温でタンパク質が変質し失活すること、胃酸(酸)に弱いという弱点があります。従って、サメ軟骨は、冷凍粉砕等により低温下で加工されていること、胃酸(胃)で溶けず、弱アルカリ(腸)で溶解する被膜で覆われているものでないと効果は期待できません。新免疫療法で用いるサメ軟骨加工食品はこの条件を満たしています。
新免疫療法(NITC)のメカニズムINDEX
概要
第一章:免疫について
免疫とは
免疫を担当する細胞
活性化とは
活性化するメカニズム
抑制とは
細胞性免疫と液性免疫①
細胞性免疫と液性免疫②
細胞性免疫と液性免疫③
細胞性免疫と液性免疫④
細胞性免疫と液性免疫⑤
がんを攻撃する細胞①
がんを攻撃する細胞②
第2章:新免疫療法(NITC)について
健康な方の免疫の働き
がんになった方の免疫の状態
新免疫療法(NITC)の3本柱
がんを攻撃する細胞の活性化
多種の薬剤・食品を使う意義①
多種の薬剤・食品を使う意義②
多種の薬剤・食品を使う意義③
多種の薬剤・食品を使う意義④
サイトカインカスケード
新生血管抑制作用①

新生血管抑制作用②
新生血管抑制作用③
第三章:免疫の状態を把握するための特殊な検査について
免疫検査の意義①
免疫検査の意義②
免疫検査の意義③
VEGF検査の意義
仕切り
新免疫療法によるがん治療の『TOP』に戻る
新免疫療法の『治療』に戻る
仕切り
Copyright(C) 2006-2018 Orient mitaka clinic All Rights Reserved.